2012年11月30日

Nexus7を買おうとしたらイーモバイルに2年縛られていた

年末が近づくと、潜んでいた物欲大王がムクムクと顔を出してきて困ります。

この10年ぐらいでモバイルガジェットの世界はガラっと様変わりして、 PDA, UMPC は スマホやタブレットに、WinCE, ザウルスOS(Linux) は iOS, Android にすっかり取って代わられました。

私もここしばらく新しいモノに次々と手を出してきたので、いつのまにやら Android 端末だけでも5〜6台所有する状態となってしまい、もー正直お腹いっぱい、しばらくは新しいモデルは要らんかな‥などと思っていたのですが‥

‥最近ちまたで iPad mini, Nexus7 等の7インチサイズのタブレットがえらく人気らしい。あちこちのレビューなんかを読んでいるうちに、ついまたムラムラっと物欲が頭をもたげてきてしまいました。

本気でこんどこそ iPad mini を買ってみようかな?などと(今まで何度も iPad を買おうとして違うものを買っているので *例1 *例2)、偵察に店頭に出かけてみたんですが、毎度のことながら売り切れで何時入荷するかもわからない。

売り切れといっても製造がまるで追いついていないのではなく、実際には毎週一定数の入荷はあって、もしちょうどタイミングよく入荷した日の早い時間に行けるなら欲しいモデルを手に入れる確率はかなり高いわけですが、しかし何曜日に入荷するかはワカラナイ。毎日お店に張り付くわけにもいかないので、結局は土日に見に行くわけですけど、土日はやっぱり売り切れてます。

そもそも Apple ほどの賢い会社が、本当は売りたいのに在庫切れなどという状態を毎度毎度毎度毎度毎度判ってて放置する訳がないので、これはもちろん品薄感を演出するためにワザとやってるわけです。ゲーム機メーカーなんかも同じことやってますよね。他の商品であればうっかりすると本気で売り時を逃してしまうリスクがあるので、この戦略はきっちりした在庫・製造数管理と正確な売れる数の予測が出来る場合にのみ可能なわけで、そういう意味でも Apple とそのプロダクトというのは本当にスゴイんです。

‥で、仕方なく「うむむむ、今度は『iPad mini 買おうとしたらいつのまにか Nexus7 買っていた』が投稿タイトルか・・?」という空想が頭をよぎりながら Android タブ売り場にふらふらと行ってみると、なんとその当て馬のはずのネクサス7までもが売り切れ!

ネクサス7、かなり大人気とは聞いてましたがまさか売り切れとは‥いままでの Android 系タブレットではちょっと考えられないことです。

しかしNexus7ってそないエエもんやったかな‥? まあグーグルお墨付きというのはあるにしても中身は ASUS 製の普通のアンドロタブレットでそんな珍しいものでもない‥7インチ Android Tablet なんて今までにもナンボでもでてますがな‥と思いながら店頭に実機があったので触ってみますと、なるほどこれは今までのアンドロイド・タブレットより一歩抜きん出た完成度の感触があります。

まず手に取ったときに軽くて持ちやすく、良い塩梅のバランスに仕上がっている。そして動作がかなりキビキビしている。これまでの Android タブレットはスクロール中など一種のカクツキみたいなものがあって、そこら辺ヌメヌメ動作に異様にこだわっている iPad には適わないものがあったんですが、店頭で触った Nexus7 はそれに勝るとも劣らないレベルのヌメヌメ感がありました。

ガワも飛びぬけて高級感はないですが全体の質感も悪くなく、それなのに値段が安い。16G モデルであれば2万円で何十円かお釣りがきます。なるほど、売れてるのはこのコストパフォーマンスが理由か‥と納得しました。

そんなわけでいよいよ Nexus7 購入に傾きかけたのですが現物がないことには買うことは適わない。32Gは在庫ありでしたが、24800円になっちゃうので、割安感は薄くなってきます(あと+4千円でiPad mini ですし)。動画とかガンガン放り込んでタブで見る人にはそっちのほうがいいのかもしれませんが、私の場合たぶん16Gでも余ります。

そんなこんなでそこは一旦撤退して、帰り際にもう一度寄ってみると「Nexus7(16G)在庫ありまーす」の店員の掛け声が!! ‥え?偶然入荷のタイミングに居合わせた?もしかしてラッキー??などと期待しながら寄ってみますと、"イーモバイルのLTE PocketWiFi契約とセットで1万円で購入いただけます" とのお話。

あー‥あれですか。一時期ガンガン100円PCとかでネットブックをセット売りしてたあのパターンのネクサス7バージョンです。普段だったらこれ無視してるんですけどね‥‥物欲の悪魔が‥耳元でささやくんですよ‥‥"ええがな、LTE 速いらしいで、ついでやから LTE にしたらええがな‥ええでええ‥エル‥ティ‥イー‥‥"‥‥

ええ、悪魔のささやきに負けました。そもそも LTE のモバイル回線はそのうち入れるつもりだったので、まあタイミングかな?と思ったのもあります。

既に PocketWiFi 回線は3年ぐらい前に契約して現在は月あたり何百円かで寝かしてたのを持ってたので、それの機種およびLTEプラン変更とし、これまで使っていた S51SE(Sony ericsson mini) の電話回線用プランのほうは月あたり850円になるようなプランに変更すると、合算した月支払い額が今までとほぼ同じになりました。

イーモバイルの契約(というか他キャリアも同じかもしれませんが)では、『ポケットWiFi用の契約』と『ポケットWiFi機能付きの通話できるスマホ』では契約がまったく異なりますので注意が必要です。相互に機種変更もできませんし、相互になんらかの割引を融通させる、といったこともできません。なので私のようなケースでは一人で全く別契約の2回線を契約している状態となります。

Sony ericsson mini はだいぶ気に入っていたのですが、もともと電話としては全く使っておらず最近は外でもポケワイモードにして他端末からWiFiルータ用途で使う事が多かったので、以前の PocketWiFi 生活に逆戻りでもあんまり不便な感じはしないですね。ただ、GPS とマップガイダンスだけはこの一年ずっとソニエリminiを愛用してたので、そこはちょっと不便かなー‥という感じはあります。

ともかく、そこらへんの使い心地なんかもしばらく使ってみてからまたレビューしてみたいと思います。

ちなみに来年春ごろにはイーモバイルから LTE スマホ、つまりソニエリminiのようにポケワイモード(テザリング)が可能なLTE回線のスマホが出る予定なので、そういうのが欲しい人は待ったほうがよいです。予定されている機種はけっこう大柄のファーウェイ製スマホなので私的にはまったく魅力がなく見送りです。

- イー・モバイルLTE ポケットWiFiルータ GL02P -

gl02p-em-lte-pocketwifi-unbox-0.jpg

現在イー・モバイルのLTEのPocketWiFiルータとしていくつか機種がありますが、私はセット売りの縛りとして GP02P のほうしか選択できなかったのでこれを購入しました。やや型落ちになりつつある機種ですが、現在のイーモバLTE網の整備状況ではたとえ上位機種を選んでも通信スピードに関してとくにアドバンテージはないようです。ほかに上位機種はSDカードリーダーになる機能とか色々ありますが、ぶっちゃけ GL02P より微妙にエエかなぐらいの内容ばかりでドングリの背比べ状態なので GL02P でもあんまり買わされた感はないです。

gl02p-em-lte-pocketwifi-unbox-1.jpg

購入したといっても端末代金はゼロ円でした。ゼロ円でしたといっても、もし今、即座に解約すると解約代金として¥38,400-払わなくてはいけません。つまり本当は端末代金はゼロ円ではなく実質4万円くらいです。こんなハイテクな機械をほんまにタダで配ってたら会社は倒産します。

それでも、こんなちっこい液晶だけつけたブースターバッテリみたいな機械が4万‥‥ちょっとお高いですよね? なにしろスマホと違ってWiFiルーターの場合、契約破棄しますとただの置物になってしまいます。スマホならネット無しでもゲームしたりカメラ代わりにはなりますが、こいつはネットにつながらないと単なる文鎮がわりにしかなりません。一応これ SIM ロックフリー機種なので、他の電話会社の SIM を挿して使うことも可能ではありますが(NTTドコモのSIMを使ってFOMA回線(Xiはダメ)の通信例ソフトバンクのSIMをGL01Pに挿した例ただしULTRASPEEDは使えない)。

というわけで端末代名目が4万円ではありますが、意味としてはやはり月々の接続サービスに対してお金を払っていると捉えるべきでしょうね。ただ名目が端末代金となっているので途中解約すると残りの月賦を払わないといけないわけです。

ここでもうひとつイーモバイルの顧客獲得トラップがあって、これ2年間キッチリ全部払いきっていてもまだ解約するときに1万円払わないといけないんです(契約解除料の2年満了の欄を確認)。初期の解約料が高いのでちょっと納得いかない感じがしないでもないですが、これはつまりこういうカラクリだと思います‥

‥私は今回 Nexus7(16G) を通常2万円のところを1万円で購入しています。しかし、よくよく考えると型落ちで叩き売りでもなく、それどころか今現在超人気のイケイケ端末をそもそも1万円も簡単にディスカウントできるはずはナイのです。なので、ここで1万安くなっていても、結局最後に解約するならそれを払って帳尻が合う計算になっているわけです。詳しくは調べていませんが、ほかのセット売りもそういう感じで帳尻が合うように価格設定されていると思います。未来永劫まで解約しない人はいないので、契約した人はいずれ必ず払う人とみなせるので、帳尻はきっちり合うわけです。しかも途中解約すれば必ず客が多目に払わないといけないようになっているので、会社側としてまず損はしないシステムです。

というわけで、イー・モバイル(というか他の電話会社も多かれ少なかれ同じような料金体系がありますけど)と契約するときは、2年付き合うつもりで契約しないと思っていたより損をすることになります。また一見安いように見えても実はたいして安くなってはおらず、ただ契約時に一部の支払いを先延ばしにできるようになっている、というだけです。これ本来は何年か前の携帯インセンティブ廃止に関連する総務省の通達にひっかかるような気もするんですが、どうなんでしょうね‥‥まあとにかく現実として縛りのシステムは今も残っており、EMのポケワイLTE版は2年縛りでしか契約できないシステムである、ということです。

あともうひとつ、イー・モバイルLTEの契約に関しての注意ですが、オプションをはずして月の最低支払い額で寝かせようとした場合にこれまでのポケットワイファイシリーズと違い最低でも毎月2100円(2012/11末時点の料金システムの場合)となるので、寝かせるだけでもそこそこ体力が要りますので、ちょっとだけ使って他に乗り換えるつもりだったら、あまりオススメではありません。

契約の話はこれくらいにして、GL02P の端末としてのレビューを簡単にしてみましょう。

まず大きさですが、昔のまるっこい PocketWiFi シリーズよりやや大きめになっています。昔のPocketWiFiは押入れのどっかに押し込んであって引っ張り出すのが面倒なので、ソニエリミニと比較してみました。

Sony ericsson mini(S51SE)と比較:
gl02p-em-lte-pocketwifi-unbox-3.jpg

gl02p-em-lte-pocketwifi-unbox-4.jpg

厚みも平面形も微妙にソニエリminiより大きめな感じですかね。バッグに入れて持ち運びするなら全然うっとおしくないですが、胸ポケットにいれるにはややうっとおしいレベルの大きさです。重さもそこそこズシっとありますしね(正確には123gあります)

裏ブタをはずしてバッテリーパック交換できますが、この裏ブタが硬い硬い。ギュッギュッと何度も何度もこするようにしているとそのうちズレてきてパカッと開きます。

gl02p-em-lte-pocketwifi-unbox-5.jpg

充電器はUSBケーブルとともに同梱されています。USBケーブルは短いのと長いやつの2本が入っています。2本の違いは長さだけで機能はどちらも同じです。

gl02p-em-lte-pocketwifi-unbox-2.jpg

充電器はいわゆるUSB充電器タイプです。ということは、普通のPCのUSBからでも充電できそうですが、実際にできます。ただし、PCのUSB接続から充電すると充電時間が2倍になります(つまり充電が遅い)。

gl02p-em-lte-pocketwifi-unbox-6.jpg

では市販のUSB充電器はどうなのか?ということで、普段私がいろんなモバイルを充電するのに使っているコレ

simplism-dualusb-air.jpg

‥を試しに使ってみたところ、普通に充電が可能でした。

gl02p-em-lte-pocketwifi-charging-0.jpg

ただし、スッカラカンからフル充電までの充電時間は付属のACアダプタによる急速充電の4時間ではなく、その2倍の8時間ほどがかかりました。このUSB充電器(TR-DUAIR-WT Dual USB Charger Air Style)は出力が5V/1000mAなのでやや少なめなせいかもしれませんが、ひょっとするとケーブルの結線で付属ACアダプタを判別しているのかもしれません。

いずれにせよ充電器は本来付属のものを使うのが原則で、とくに大容量バッテリは危険な発火物になり得るので「んなもんワシがぜんぶ自分で責任とったるわい!」と豪語できる人以外は素直に同梱の部品だけをつかって取説どおりに扱うことをおすすめします。

ところでこの充電中の電池表示がわかりにくくて、ハテ?今何%ぐらいまで充電されとるんじゃ?そもそもフル充電になったらそれは判るようになっとるのか?と不安になりますが、現在何%の充電量かは不明なもののフル充電が終わった時はちゃんと稲妻マークが消えて"CHARGING COMPLETE"の表示になり判るようになっています。

あと使用中の電池残量表示もやや判り辛く、実際に使える時間が半分になってもゲージは半分ではなくチョビっと減った風な表示になります。さらにその後いよいよ減ってくると急にゲージがグイグイっと減り始めて一気になくなるタイプの表示です。

だいたいゲージフルから減り始めたかなーというあたりから連続使用(ヘビィデューティではなく普通にネットブラウズする感じ)で2〜3時間ぐらいでスッカラカンな感じです。

スペック表では連続通信時間がLTEでも3Gでも9時間となっていますが、これは体感でもおよそそれくらいと感じました。フル充電していれば出かける前に電源ONして端末を繋ぎ、半日外を回って家に帰るまでいちいち小まめに WiFi On/Off しなくても十分に持ちます。ここでネクサスやiPadみたいなバッテリの持ちの良い端末であれば端末側もいちいちWiFiをスイッチする必要がなくなり、ほんとうに自宅のネット環境をそのまま持ち歩いているかのような利便性が確保できるようになります。ふっと必要になったら取り出してネットなどをして、適当なところでポイっとカバンにもどす。これでいいわけです。これはちょっとした快感ですよ。

WiFiがOFFの待機時間であればフル充電で350時間、つまり14日半ほど持つはずなので毎日持ち歩くなら電源をON/OFFするのも不要かもしれませんね。

肝心の速度ですが、これはちょっとググるとわかりますが下り最大75Mbpsの宣伝文句は宣伝でしかなく、実際にはそんなモノスゴイスピードは出ません。が、体感として明らかに以前のポケットワイファイ(3G回線)よりかなり早くなっているのはわかります。場所によりますが都市部のLTE局が密にカバーしているエリアだとここの高画質ストリーム動画もほぼひっかかりなく再生できました。これは以前の3G回線ではつっかえつっかえで一旦全部読み込んでからでないととても見れたモノではなかったです。

また他社の次世代高速モバイル回線(XiやWimaxなど)と比較すると、上りが早いのがイーモバイルのアドバンテージの一つらしいです。接続サービスではどうしても下りスピードに意識が偏りがちで、実際に下りはブラウジング等には直接的に速度として効いて来る部分ではあるのですが、出先からサーバーにデータを上げるなどといった作業をする場合には下りだけでなく上り速度もある程度はないとストレスになったり下手すると作業の支障になります。上り速度が速いのは地味に重要なアドバンテージかもしれませんね。

ただしイー・モバイルのLTEプラン契約ではPPTP方式のVPN通信に対応していないそうなので、出先からモバイルで会社のネットワークに入って作業することがよくある人の場合は、事前によくチェックするなど注意が必要になります。

というわけで、モバイルルーターのレビューはこんなところで次回あたりからいよいよ本題のNexus7をレビュってみましょう。

nexus7-caixinha-0.jpg


posted by blogsapo at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

オスカー・ニーマイヤー氏再入院

ブラジルの高名な建築家オスカー・ニーマイヤー氏が、今月2日よりまた脱水症状により再入院されています。

"Oscar Niemeyer está com hemorragia digestiva, diz hospital"
"オスカー・ニーマイヤー氏に胃腸出血"

フォーリャ元記事
「建築家オスカーニーマイヤー氏(104歳)に"胃腸出血"が認められた」と、この金曜11月16日(現地時間)に氏が再入院しているリオ・デ・ジャネイロの病院が明かした。

主治医の Fernando Gjorup 氏によると出血は既に抑制されている、とのことである。

ニーマイヤー氏は現在も容態を見守るため、引き続き入院している。現在、意識は明快で、呼吸理学療法を行っている。

病院と家族は、最近インターネットのソシアルネットワークで出回った氏の死亡に関する誤報の後に、プレス関連に対して記者会見を行った。

「このご高齢ですからいかなる場合も注意を必要とします。しかし現状の臨床事象において彼は良い方向に進んでおり、若干回復しつつあるといえます。が、やはりまだ予断を許しません」と Gjorup 医師は語った。

ニーマイヤー氏は11月2日に脱水症状により再入院し、経管栄養を行っていたがその後、腎機能の悪化がみられたため、集中治療までは必要ないが、特別な処置が必要な患者のための中間処置室へ搬送された。

ニーマイヤー氏の入院は5月、10月に引き続きこれで今年三回目になる。

非常に心配な雰囲気ですが、今あちこちのブラジルのニュースサイトを見てる間にまたニュースが更新されていました。

"Oscar Niemeyer apresenta piora na função renal, diz boletim médico"
「オスカー・ニーマイヤー氏が腎機能悪化を示す」

グローボ元記事

既に8日あたりから腎機能の悪化は報告されていますが、一旦落ち着いたのち再び悪化の兆候がでているということのようです。

別の記事に書いてあって、読んでて本当にすごいなとおもったのですが、今回のような状態でもまだ仕事のことを気にしておられるそうで、とにかくニーマイヤー氏を元気づけたり注意を引こうとするなら仕事の話をするのが一番良い、そうすると目が輝いてみるからにうれしそうに話し出すそうです。

また主治医の談話では「普通であればもうダメだという状況で、実際に彼より若い人でも持ちこたえられなかったような状況でもニーマイヤー氏が何度も乗り越えるのを見てきており、いつも驚かされている。だから今回も必ず退院して家に帰るだろうと信じている」とも述べていました。

記事に対するコメント欄で「この人は仕事の鬼だな/もう1世紀近くも時間外労働やってるじゃないか、だから神様がいったいいくら時間外手当だせばいいのか恐ろしくてなかなか連れて行けないんだ」などと賞賛のコメントが書かれていますが、ほんとうそのとおりだと思いますね。
posted by blogsapo at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。