2013年07月01日

マリーザモンチのNY公演がニューヨークタイムズで絶賛される

先週の水曜、ニューヨーク・ブロードウェイのビーコン・シアターにて行われたマリーザ・モンチ(Marisa Monte)のライブが、翌日のニューヨーク・タイムズにて賞賛の批評を受けたそうです。

ロンドン五輪の閉会式で次回リオ・デ・ジャネイロへのバトンタッチ役としてブラジル代表パフォーマンスの一角を担い、今やインターナショナルな人気を獲得しているマリーザ・モンチですから、ブロードウェイでショーを行う事自体はそれほど不思議でもないですが、このニューヨークタイムズの記事ではマリーザの美声と音楽性の高さを賞賛すると同時に、先週ブラジル全土を席巻し今もまだ熱が冷めやらない"政治腐敗他に抗議する市民デモ"に関してマリーザが述べた言葉についても言及があって、その事がブラジルのニュースサイトの話題になっていました。一部抜粋してみます。

"Marisa Monte fala dos protestos brasileiros durante show em NY"
"マリーザ・モンチ、NYのライブでブラジルのデモについて語る"

オ・グローボの引用元記事
先日の水曜にマリーザ・モンチのライブを見るためビーコン・シアターにつめかけた観客達は、ブラジルにおける抗議活動について支持を表明する場面に立ち会う事となった。

ニューヨーク・タイムズの批評においてジョン・ペアレーズ(John Pareles, NY Times 紙のポピュラー音楽評論担当)は、マリーザはブラジルで最近起きている事について何度か話したと述べている。

"先週、私はブラジルに居ることが出来てとても幸せだったわ"と、彼女はブラジル各都市を席巻した抗議デモのことについて語った。"ブラジルのデモクラシーの新たな形を示唆する可能性のある何かを見ることが出来たんだもの"

彼女はそこでフレーズをある曲の演奏へと繋いだ。何度も共作しているアルナルド・アントゥーネス(Arnaldo Antunes)と12月に作曲した新曲である。

ジョン・ペアレーズによれば、この新曲"Dizem(Quem me dera)"は、ビートルズ後期のタッチを含んだ進歩と希望のユートピアのヴィジョンについて述べた歌だという。その歌詞は"私達には暴力を終らせるための知性がある"と述べ、また別のパートでは"私達はもっとできる、って言う/新たな星々に出会い/子供達をつくるため/もう恐れる事も無い、そんなだったらなあ"と歌っている。

ジョン・ペアレーズはマリーザ・モンチを"ブラジル音楽における最も美しい声の一人"と北アメリカの観客へ向けて紹介している。評論の全文はこちら(英文)で読むことができる。

日本のテレビ等でチョロッと流れた報道映像ですと、何か街中全部が暴動でムチャクチャになってたようなイメージがあるかもしれませんが、デモに参加した何百万という市民の大多数は普通に抗議デモの行進を行なっていたわけで、当たり前ですが破壊行動やらドサクサに紛れてドロボーを働く輩を支持している人は、マトモな人にはおりません。

ブラジルでは重税の割にちっとも公共サービスが良くならず政治も腐敗だらけ、という悪癖が惰性のように続いていて、「そろそろエエ加減にせいよ!」という国民の怒りが爆発したのが今回の抗議デモの大きな側面であり(ひとつには初動で警察筋がいきなり高圧的な制圧行動に出てしまい、それがテレビなどの報道で流れたため一気に火をつけてしまった、とも)、破壊行動はダメだけど抗議行動自体は民主主義として当然の権利であり「やっとブラジルが目覚めた」と支持を表明している人は多い模様です。

ちなみに、今回の国民の抗議行動に恐れをなした?のか、つい最近、PEC37という今回の抗議活動で批判の対象の一つとなっていた法案を議会が圧倒的多数で否決する結果がでています。これについての日本語の記事があるので、PEC37って何やねん?という人も含めて興味ある方はご覧ください(記事中でてくる"聖市"とはサンパウロ市の事です)。

"国民の声が議会を動かす=下院がPEC37否決=両院で審議の加速化約束=大統領は制憲議会諦める"
ニッケイ新聞(←日経ではナイ)の参考記事リンク

.
posted by blogsapo at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク