2011年02月11日

HTC Aria でスクリーンショットを撮るには

iPhone や iPod Touch の場合はアプリを起動しているときなどにホームボタンを
押しながらスリープボタンを押すことで簡単にその瞬間のスクリーンショットを撮る
ことができますが、Android端末にはそのような便利な機能は残念ながら用意され
ていないようです。
すくなくともルートをとらないかぎり、どうやってもAndroid端末単体ではスクリーン
ショットを撮ることができないようです。
AndroidアプリはMarketにあるものでもあまり厳格な審査は行われていませんし、
Marketを経由しないいわゆる野良アプリでも端末の設定を変更すればインストール
できてしまいますのでセキュリティ上、端末のルートをとってない状態ではサード
パーティアプリのアクセスできる範囲を限定しているためではないかと思います。
(だったらiOSと同様にOS組み込みで用意しといてくれればいいと思うんですけどね‥
やはり単にAndroidOSの手抜きかもしくはそんな機能いらないだろ、って考えてる
だけかも‥)

しかし、もちろんまったく方法がないわけではなく本家Google提供のAndroid アプリ
開発キット(Android SDK)をインストールすると、ルートをとったりしなくても USB で
接続したPC側から自由にスクリーンショットを撮ることができます。


まず Google 本家の Android SDK をダウンロードしてインストールします。
Android SDK:
http://developer.android.com/sdk/index.html

Windows, MacOSX, Linux のいずれか自分の環境にあわせてダウンロード
します。ダウンロードしたらもちろんそれをインストールします。
アプリ開発をする場合はEclipseをインストールする事が多いと思いますが、
スクリーンショットをとるだけならEclipseは要りません
(ただし若干コマンドライン操作の知識が必要になります)。

SDKのインストールがおわったら、Aria をUSBでPCにつなぎますがここで
USBドライバが必要になりますので、予め HTC Aria のパッケージに附属の
HTC Sync をインストールしておきます。
しかしながら、そういうわけのわからんツール(?)をやたらとインストールする
のが嫌でいつもただのストレージデバイスとしてしか繋げてないよ、っていう方
(つまり私)には別のやりかたがオススメです。

Android SDK には既にUSBデバッグ接続のためのUSBドライバが含まれて
いますのでそれを使います。ただし、現行バージョンの SDK には HTC Aria
のドライバ記述が含まれていないのでそれを手作業で追加します。
具体的には、 sdk をインストールしたディレクトリにある
 /google-usb_driver/android_winusb.inf というファイルをテキストエディタ
(メモ帳など)で開き、

[Google.NTx86] セクションおよび [Google.NTamd64] セクションの
両方に

; HTC Aria (S31HT)
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C92
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C92&MI_01

を追加します。
このデバイスIDはデバイスマネージャから該当デバイスの詳細タブを参照すると
確認することができますので、新発売されたばかりの Android 端末だとか、
めったに見かけないめずらしいデバイスを入手した場合にも同じようなやり方で
接続することが可能なはずです。

修正したファイルを保存したら、HTC Aria の設定画面を開きます。
[設定]→[アプリケーション]→[開発] とメニューをたどって [USBデバッグ] に
チェックを入れます。
そしてUSBケーブルでPCにつなぎます。するとデバイスドライバのインストールが
始まりますのでドライバファイルとして先ほど保存した android_winusb.inf
指定すればOKです。

マスストレージデバイスモードで接続すると、どうやら SDドライブ全体をPC側で
ロックしてしまい、たとえばSDカードに移動したアプリなどが起動できなくなって
しまうようなので(*1) スクリーンショットを撮りたいときはUSB接続モードは
充電のみにしたほうがよいでしょう。

*1 USB接続時の一時的なものです。USB解除すればロックが解除されて
     また普通につかえます。

USB接続が終わったら、SDK ツールの ddms(Dalvik Debug Monitor Service)を
起動します。具体的にはインストールした android sdk ディレクトリの

tools/ddms.bat

を起動します。

するとしばらくして次のような画面になりますので、メニューから
 [Device]→[Screen Capture] を選択すれば、別ウィンドウに端末のキャプチャ
画面がでてきます。他の画面をとりたいときは Refreshでキャプチャを更新、
Save で png 画像として保存できます。

ddms_capture.jpg



というわけで、ホームスクリーンをキャプチャしてみました。

device1.png

背景の雪は「スノーフレークライブ壁紙」というライブ壁紙です。
Aria にはライブ壁紙はちょっと重いみたいですけど(たまにカクッカクッとなる)
せっかくなのでライブ壁紙いれてみました。なかなか綺麗ですよ。

※追記: ScreenGrab というアプリを使うと、ルート権限なしで
  Aria単体でもスクリーンショットがとれるようになるようです。
  ただしこの場合もSDKのインストールは必須でまたコマンドラインの
  操作が必要、また端末を再起動したらツールをコマンドライン操作で
  再起動する必要があるようです。


スポンサードリンク
posted by blogsapo at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。