2011年12月14日

ANDROID ウォークマン Z 買うてしもた

今回は iPodtouch も iPad2 も探してません。

ただ普通にヨドバシをぶらついてて売ってるのを見つけて普通に衝動買いです。

walkman-nw-z1060-caixinha-a.jpg

AndroidOS を搭載した Sony Walkman NW-Z1060 です。

ホログラムシールみたいに光り輝く化粧箱に入ってて、Sony さん気合いれはったんやなーっていうのが伝わってきます。

去年から Android を搭載した Walkman が出るんじゃないか?いや開発は確かにしてるらしい、ってな噂がずーーっとあったんですが、やっと発売を見届けることができました。もっとも、去年の同時期だと微妙なバージョンの AndroidOS を搭載せざるを得なかったので、一年延ばして正解だったかもしれませんね。

以前購入したウォークマン NW-A846 はマレーシア製でしたが、これは Made in China です。

walkman-nw-z1060-caixinha-b.jpg



さっそく開封してみましょう。

walkman-nw-z1060-unbox-a.jpg

まず、手にとって真っ先に気が付くのが・・

walkman-nw-z1060-unbox-b.jpg


で、でけぇよこれ・・・

まァちゃんとお店でモックを手にとって確認はしてるんですけど、それにしてもでかい。

今まで使っていたのが、軽量コンパクトの NW-A846 だったのでなおさらデカさが衝撃的です。

walkman-nw-a846-a.jpg

この NW-A846 は去年の9月に購入して以来、この一年以上ケースにもいれず使い倒しましたがバッテリーの持ちが不満なくらいで中々の名機でした。なにしろ軽くて小さい。胸ポケットにいれていても存在が気にならないくらいコンパクトでした。

そのコンパクトな NW-A846 と並べてみると巨大さが歴然です。

walkman-nw-z1060-comparacao-dos-tamanhos-a.jpg

大きさだけでなく、厚みも2倍程度あります。重量も A846 の 62g に対し 156g と約 2.5 倍あります。

walkman-nw-z1060-comparacao-dos-tamanhos-b.jpg


カラーバリエーションは現在、店頭では赤と黒の2種類だけなので、イチびって赤にしようかとも思ったのですがオッサンなのでやっぱりおとなしく黒にしました。

walkman-nw-z1060-caixinha-c.jpg


黒モデルなのに背面はなぜか一面青です。よーわかりませんね。

walkman-nw-z1060-unbox-c.jpg

先に述べたように黒と赤の二択なので、梱包間違いというわけでなく確かにこれが黒モデルです。これも私は一応モックで確認してたからいいですけど(そんなに色にこだわりもないし)、何も知らずに買った人は文句いう人もいるんじゃないかなァ・・?黒を買ったのに青がはいってたぁ!って。

ちなみに赤モデルのほうは枠部分が赤くて背面が一面黒です。よーわからん・・???

ソニーストアにある限定プラチナホワイトモデルを買わせようという作戦か・・・????

ちなみに、この Android walkman Z では内蔵スピーカーとマイクが搭載されたようです。もっとも音質はただ音が鳴るよ、っていうレベルなので過剰な期待(をする人もいないと思いますが)は禁物です。



とりあえず電源いれてみましょう。電源ボタンはスマホとかと同じように上の縁にあります。

walkman-nw-z1060-unbox-d.jpg

AndroidOS 2.3 搭載なのでドロイド君(正式名は不明)がお出迎えです。はよゥ、ボクを押してっ!とアピールしてきます。よしよし、ちょっと待ちなさい。

walkman-nw-z1060-unbox-e.jpg

右下の「言語設定」のボタンを発見したので「お!これはひょっとして!」と喜び勇んで押してみると・・

walkman-nw-z1060-unbox-f.jpg

英語と日本語しかありませんでした。なんで日本のアンドロイド端末は日本語と英語以外全部削除するんですかね?

しょうがないので日本語を選択して起動します。

WiFi の設定だとか、グーグルアカウントの設定とか色々でてきますが、特にWiFi設定は適当に間違ったのを入れてしまうとドツボにハマることがよくあるので、よく憶えてなかったら全部スキップします。スキップしても後で設定できます。

出荷状態でのホーム画面はこんな感じです。

walkman-nw-z1060-unbox-g.jpg

マニュアルはそこそこ詳しいものが付属して、アンドロイドの基本的な操作などは読めばわかるようになっています。

walkman-nw-z1060-manual-a.jpg

本編マニュアルのほかに、WiFi設定やグーグルアカウントの設定のような必要最低限の項目だけ集めた別紙もついてきます。仮にアンドロイドOSに初めて触れる人であっても、例えばWiFiルーターをマニュアルみながら自分で設定できるような人だったら同梱のマニュアル読めばアンドロイドOSを使いこなしながら本機を楽しめると思います。逆にWiFiルーターの設定なんてチンプンカンプンで自分ではどうにもできないって人は、ヘルプしてくれるオタクな人を確保するか何かアンドロイドの解説本でも買ったほうが無難だと思います。

当然ながらノイズキャンセラー搭載機なので、5極タイプのイヤフォンが付属します。

ノイズキャンセル機能は、イヤフォンに搭載されたマイクで雑音をひろってそれをケーブルを通じて本体に送り、それを打ち消すデータを計算してミックスする仕組みなので、通常の3極に加えてマイク入力を伝えるための2極が追加されているわけです。なお、一般の3極ミニプラグのイヤフォンも、ノイズキャンセラーが無効になるだけで普通に挿して使えます。

walkman-nw-z1060-earphones-a.jpg

一見して NW-A846 に付属していたノイズキャンセルイヤフォンと見た目がそっくりなので・・

walkman-nw-z1060-earphones-b.jpg

よく見てみると、ケーブルに型番が書いてありどちらも同じ "MDR-NC033" でした。

walkman-nw-z1060-earphones-c.jpg

要するに同じものが同梱されているようです。ためしに、NW-A846 付属のものを接続して使ってみましたが、ノイズキャンセル機能を含めてまったく問題ありませんでした。

同様に、WM-Port を PC のUSB に接続するケーブルも NW-A846 附属と同じもののようです。

walkman-nw-z1060-wportconn-a.jpg

ためしに、手元ですでにPCに刺さっていた NW-A846 のものを挿してみましたが NW-Z1060 でも普通に使えました。

もちろん私が勝手にやってみて同じだ、使えた、と思ってるだけなので、メーカーの保障はなく本当は何か違ってるかもしれません。
細かいことが気になる人はメーカー指定のとおり正しく付属品を使ったほうが無難です。

walkman-nw-z1060-wportconn-b.jpg

このUSBケーブルは充電器も兼ねます。コンセントから充電するためのソケットは附属しません。なので、PC とつないで USB 充電するか、コンセントから充電したかったらSONY純正あるいはサードパーティの USB 充電アダプターを別途購入することになります。



買うときに店頭モック展示横のポップに「いま買うと西野カナ公式アプリがついてくる!!」みたいな宣伝文句(例によって文言はうろ覚え)があったので、探してみたのですが本体のアプリリストには見当たらず、調べてみると「Walkman Z シリーズ購入プレミアム特典としてソニー特設ページで提供!」ということだったので、ホーム画面の Sony Music Apps とかいうウィジェットをタップしてみると、ネットに接続されてそこに見つかりました。

walkman-nw-z1060-nishino-kana-app-a.jpg

オッサンなもんで、そもそも西野カナって誰?っていう状態なんですが、どうやら今回の新作ウォークマンのCMのメインキャラクターに起用された方で調べると高校生とかに大人気のJ-POPミュージシャンらしいです。なんとポルトガル語版のWikipediaにも項目があり、かなり有名人なのがわかります。野郎のアイドルだったらハナっから完全無視ですが、女性アイドルなのでここは一応ダウンロードして見てみることにします。

walkman-nw-z1060-nishino-kana-app-b.jpg

うーん・・体験版、とか書いてあるんですが・・・。
しかも AndroidMaket に飛ばされるパターンの予感です。とにかく先に行ってみます。

walkman-nw-z1060-nishino-kana-app-c.jpg

やはり Android公式マーケットにリンクされているだけでした。西野カナアプリとは関係ないけどマーケットアプリが更新される前なのでバージョンが古い。でも、正直いまの新しいマーケットアプリはクソ重過ぎてイライラするので、これに戻して欲しいんですが、グーグルさんなんとかならんもんですかね。

とにかくダウンロードしてみました。起動すると、さらに何か画像や動画をサイトからダウンロードするようです。

walkman-nw-z1060-nishino-kana-app-d.jpg

正直12分もかけてダウンロードしてまで見たいとは思わなかったので、ごめんなさい、キャンセルしてアプリも削除しました・・。

ちなみに、他のアンドロイド機のマーケットで検索してもこの「西野カナ公式アプリ(体験版)」は見つかりますし、インストールまでは出来るのを確認しました。ひょっとするとデータダウンロード後に Walkman 以外では制限がかかったりするのかもしれませんが、なんとなく普通のアンドロイドスマホとかでもこの「西野カナアプリ」遊べる可能性が高いような気がします。気になる人は試してみてください(自己責任で)。



というわけで、ちょっと長くなりましたが初回レビューはここまで。続きはまた後ほど。




スポンサードリンク
posted by blogsapo at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。