2014年06月11日

Sony Xperia Z2 と Walkman F の音質聴きくらべ

発売直後に突撃速攻買いした ソニー/ドコモXi エクスペリア Z2 (SO-03F) のレビューです。

- 音楽プレイヤーとして、どない? -

Xperia シリーズは音質面にも注力していると言われていますが、今回の Z2 から従来 Walkman シリーズの特権であったノイズキャンセリングを搭載してきました。

私はここ数年 Walkman シリーズも常用してるので Xperia Z2 とウォークマン、音楽プレイヤーとしてみた場合の比較は気になるところです。

とりあえずカタログの機能の上ではハイレゾ対応以外 Walkman とほぼ同等となってしまったわけで、バッテリーは Z2 が持つし解像度もプロセッサ速度も圧倒的だしネットはいつも繋がってるしついでに電話もできるしで、端末の基本性能競争では到底勝ち目がなさそうですが、音質というのはどうしても主観や個人の好みの影響してくる部分が多いため、実際に聞き比べて判断する必要があります。

実際、半年ほど前に Android Walkman F886 を購入した際に以前のモデルの NW-Z1060、さらに前の NW-A846 と音質の聞き比べを試したところ、明らかに世代を追うごとに向上が感じられ、操作性とか可搬性とかいったことを無視して純粋に音質だけでいうなら、もはや以前のモデルには戻れないという感想を持ちました。

それでは早速、Xperia Z2 の音楽プレイヤーとしての能力を NW-F886 と比較しながらちょっとレビューしてみましょう。

- ハードウェア性能の比較 -

先に述べたとおり単純なハードウェア性能は Xperia Z2 の圧勝で、速度/解像度/機能/バッテリ/拡張性、いずれにおいても型落ちスマホクラスである Walkman F では到底かないっこありません。軽量さとコンパクトさは F が上ですが SIM が刺ささらず一台でスマホ的に完結できないからには、コンパクトさは必然とも言えます。

音質を左右するアンプ部分については音楽専用機である Walkman F のほうが上位のクラスのものを搭載しており Walkman F886 は単体でハイレゾ音源再生が可能であるのに対し、エクスペリア Z2 では対応外部DACをUSB接続した場合のみハイレゾ再生可能という仕様になっています。当然といえば当然ですがここは F が上と見てよいでしょう。

個人的には Walkman F 本体横に音楽再生専用ハードウェアキーがある点は高く評価していて、評価のために今回 Z2 にイヤフォンをつけて持ち歩いてみましたが音楽をポーズしたり再生するだけでも一々バッグから取りだしてプレイヤーを画面に呼びだしてから操作しないといけないのがけっこう煩わしく、今更ながらにハードキーの有り難みを感じたので、この点のみだけでもプレイヤーとして F に軍配を上げてもよいくらいですが、世間的にはタッチパネルで音楽プレイヤーを操作する体系に完全に習慣付けられていてハードキーの有無は別に気にならないという人も案外多いかもしれませんね。

それと Xperia Z2 のほうは大きすぎてもはやシャツのポケットに入らないのでバッグやポーチを併用しないと持ち歩けないってのもあります。ポケットにはいるサイズだったらタッチオンリーでも、すぐに出して操作できるのであまり煩わしく感じないかもしれません。

- ユーザーインターフェイス比較 - 

双方とも GooglePlay対応 Android 端末なので、プレイヤーアプリを自由にインストール可能という観点でいえば比較する意味はあまりないのかもしれませんが、Xperia Z2 には『ウォークマンアプリ』 Walkman F には『W.Musicアプリ』がプリンストールされていてこれらを使う機会は多いと思うので、ここではプリインストールのプレイヤーアプリの違いについて述べておきます(特にダウンサンプリング無しのハイレゾ再生は現状プリインストのプレイヤーにしか出来ないはずです)。

アプリの見た目はけっこう異なっていて UI の構成にも違いがありますが、機能的にはよく似通っています。

Xperia Z2 のウォークマン・アプリのホーム画面
(バージョン8.3.A.0.7にバージョンUP後)

sony-docomo-xperia-z2-walkman-home.jpg


Walkman F の W.Music のホーム画面

sony-nw-f886-wmusic-home.jpg

Xperia Z2 のほうはソニーの定額制音楽ストアである Music Unlimited をプレイヤーに融合した形になっていて、微妙に Apple の iTunes を意識したようなつくりです。ウォークマンの場合はまず WiFi に繋いでからでないとサービスに接続できないので Music Unlimited については別のアプリに独立した形になっています。

ハードウェアに違いがある項目では差があるのが当然ですが、それ以外にもいくつか違いが見られます。基本的に Xperia Z2 のウォークマン・アプリのほうが機能がシンプルになっています。

Xperia Z2 のウォークマン・アプリの設定画面

sony-docomo-xperia-z2-xperia-setting-0.jpg  sony-docomo-xperia-z2-xperia-setting-1.jpg


Walkman F の W.Music の設定画面

sony-nw-f886-wmusic-setting-0.jpg  sony-nw-f886-wmusic-setting-1.jpg

音質に影響する部分としては、Xperia Z2 には DSEE が無いという点が大きな違いでしょうか。

基本的にフォルダ構成で音楽ファイルを管理している私にとって Xperia Z2 のウォークマン・アプリでフォルダ単位でのアクセスが出来ないのは面倒ですが、人によって管理法は違うと思うのでここはマイナスポイントとまでは言えないでしょうかね。

慣れているせいもあるかもしれませんが、トータル的にみて Xperia Z2 のウォークマン・アプリより Walkman F の W.Music のほうが私は使い勝手が良いように感じました。Xpeira Z2 のウォークマン・アプリは操作 UI とかエフェクトがかっこ良くてユーザーエクスペリエンス的には良いんですが、音楽再生ツールというよりどちらかというと Music Unlimited のポータルアプリという雰囲気があります。

- ノイズキャンセリング -

はるかな昔(10年ぐらい前?)ポータブルプレイヤーにノイズキャンセル機能が搭載され始めた初期のころに(たしかパナソニックだったと思うけど)試したときには「んー、まあこんなもんかなー」的な感じだったと記憶してるんですが、最近のウォークマンに搭載されたソレは当時のものとは次元の違う効き方で乗り物とか電源ファンとかの一定パワーで鳴るバックグラウンドノイズならばメーカーの宣伝どおり確実に9割以上カットしてくれます。

その強力なノイズキャンセル機能が Xperia Z2 にも搭載されてるということなので、実際に NW-F886 と両方持って台所の換気扇のノイズ環境下で聞きくらべてみました。

Xperia Z2 のノイズキャンセラーはイヤフォンに内蔵されたマイクで環境ノイズを取りそれを本体に送って計算により音声信号を処理する方式なので、対応した5極プラグイヤフォンを使う必要があります。

nw-f886-unbox-earphone-wmport-cap.jpg

Xpeira Z2 グローバル版ですと本体に附属するようですが、docomo 版には附属しませんのでこれは別途用意する必要があるんですが、幸か不幸か(?)私は3台もノイキャン対応ウォークマンを買ってますのでその付属品を流用してみました。

sony-docomo-xperia-z2-con-nc-earphone.jpg

さて Xperia Z2 のフォンジャックに刺してみると、いきなりウォークマンアプリが起動して音楽が再生され、「なななんじゃごるぅああーー!」と松田優作のようにオロオロしてしまいましたが(意味わかる人はけっこうオッサンです)、これ Xperia にプリインストールの『スマートコネクト』というソニー製アプリの仕業で、どういうものかというとジャック接続を検知して予め設定してあるイベント例えば“ウォークマン・アプリを起動して音楽再生開始する”とかいった動作をさせる事ができる便利アプリなんですね。

Xperia Z2 では設定アプリにこの機能が統合されていて設定アプリから『Xperia 接続設定』の項目を選択すると設定ができます。イヤフォン接続以外にも充電器に接続したときとかのイベントを制御できるようです。もちろんウザかったら OFF にもできます。

sony-docomo-xperia-z2-setting-smartconnect.jpg  sony-docomo-xperia-z2-setting-smartcon-1.jpg

最初 Xperia の固有機能かと思ったのですが、実はソニーが一般アプリとして Google Play で無料で公開していて、他のアンドロイド端末でもわりと使えたりするようです(機種依存で動かないことはあるみたい)。

イヤフォンを接続すると通知領域からイヤフォンの種別を選択できるようになります。自動検知ではないようなので自分で正しいものを選択しましょう。

sony-docomo-xperia-z2-sel-nc-earphones.jpg

またノイズキャンセリング対応のイヤフォンを接続するとウォークマン・アプリの設定にノイズキャンセル関連の設定項目がでてきます。接続してないときは出ないので注意です。

さて実際に効き具合をテストしてみた結果ですが、ほとんど差はなく Walkman F の N/C と同レベルの効きが Xperia Z2 でも得られました。

実は Walkman F のほうは設定でN/Cの効き具合を調整できるようになっています。Xperia Z2 では調整はありませんので、テストはこの調整を 0 で比較しています。ちなみにこの調整バーを強めにしすぎると違和感のある効き方になってくるので、強くできるから F のほうが強力というわけではないです(たぶん耳形状とかイヤフォンの使い方の個人差を吸収するための調整項目、アジャスターということ)。

Walkman F886のノイズキャンセリング調整表示
sony-nw-f886-wmusic-setting-nc.jpg

さてノイズキャンセル性能比較の結論としては…

Xperia Z2 のノイズキャンセリング、これ Walkman と同じぐらい使えます。

- んで、結局、音はどないやねん? -

いよいよ結論です。しばらく Xperia Z2 をポータブルプレイヤーとして使ってみて普段 Walkman F886 で聞いているものと同じ音源ファイル(主に 192k - 320kbps の mp3)を聴きくらべてみました。

音質設定は基本全部 OFF、クリア・オーディオとかイコライザーとかそういうものは全部切りました。N/C も出来るだけ OFF にしましたが、環境によっては ON で聴いています。

個人的にはこの素の状態で聴くと、Xperia Z2 の音はちょびっとだけ低音が出すぎている感じがあり、もし音楽プレイヤーとして常用するなら少しだけクリアベースを OFF 方向に調整すると思います。

Walkman F886 のほうは普段 DSEE HX を ON にして他は全て切っている状態が常用の設定です(長時間移動のときはバッテリーを考えて DSEE HX も OFF)です。個人的には F886 はこの状態が一番バランスが取れていると感じます。

感想ですが Xperia Z2 の音は、これはスマホとしてはかなり良いと感じます。もし Walkman F を持っていなければ手放しで「もうポータブルオーディオプレイヤーは要らない、スマホで音楽聴いても不満ない良い時代になった」と褒めてると思います。

全体の音の傾向としては旧世代の iPodTouch なんかと似ていてフラットな感じで好印象ですが、先に述べたように若干低音ブーストされているように感じます。Xpeira Z2 は音楽再生用に特化したDACではなく汎用のものを使ってるでしょうから音源ファイル本来が持ってる波形を素直に真っ直ぐアナログ波形として出力してるだけかもしれませんが、Walkman F の音に耳慣れていると、どうも薄ぅーくフィルタがかかってるようなもの足りない印象があります。

NW-F886 のレビューで書きましたが、F の音は低音がしっかり出るんですがそれはブーストしてる感じではないんですね。色々考えてみるに、『低音が出る』と思ってますが実はハイレゾ化の恩恵であるところの『高音域の再現能力』が影響してるのかもしれません。

例えば NW-F886 で非常に気持ち良く聴こえるのがバスドラとユニゾンしてるベース音とかサンバのスルドの音とかなんですが、こういう音が綺麗に響く場合に人間は「お、低音がよくでてる」と感じるわけです。ところでこういう音をスペアナとかで見れば当然、基音の低音の周波数だけでなく全帯域にわたって様々な倍音成分が満ちています。ここで基音周波数だけ取りだして強調すると単に「ブーーー」というブーミーな音が強調されるだけで気持ちよくはありません(音楽ジャンルによってはこれが心地良い場合もありますが、それは通常アコースティックな音楽ではない)。

しかし一般のポータブルプレイヤー(アプリを含む)において『低音強調』のような調整をすると、大抵の場合はこの低い基音周辺だけを強調するためにモコモコっとしたブーミーな雰囲気になることが多い。NW-F886 の低音がよく響くのは、基音周辺はそのままに通常ほとんど聴こえていないが音色に味を与えている高音域のわずかな倍音も補完できているおかげで気持よく低音が響くのではないかな、とそんな風に私は解釈しております。

ちなみに Xpeira Z2 のレビューとは関係ありませんが Walkman F の DSEE HX の効果もこの傾向を補強するように働くように私は感じます。DSEE HX を ON にすると急に高音域がキラキラときらびやかになるとか、シンバルがシャンシャン言うようになるとか、そんな印象は感じられません(オッサンの劣化耳だから聴こえてないだけかもしれませんが)。しかし全体の空気感が増したような感じがあり、特に中・低音の響きが良くなるように感じる、というのが DSEE HX に対する私の感想です。

話がそれましたが、本記事の結論をまとめましょう。

Xperia Z2 と NW-F886 の音質比較では、NW-F886 のほうがワタクシの好みに合う。

…が Xperia Z2 は十分な音質や性能があるので、音楽プレイヤーとして使うのも普通にアリです(イヤフォンは別売)。

レビューはまだ続けます…次はカメラです。


スポンサードリンク
posted by blogsapo at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル・周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック