2013年04月27日

Android 音楽アプリの決定版? FL Studio Mobile

Android版音楽アプリとしては超期待のタイトルとなる FL Studio Mobile が先日販売になりました。早速購入して Nexus7 にインストールして色々試してみました。

fl-studio-mobile-android-splash.png

iPhone/iPad ではだいぶ以前から様々な出来の良い音楽アプリが出ていて、iPhone/iPad に直接接続できるオーディオインターフェイスやらキーボードやら色んなコントロールデバイスもどんどん充実して来ています。それと比較するとAndroidの音楽アプリの現状は二周も三周も周回遅れという感じでした。

Android にもそれなりに出来の良い音楽アプリが無い事もなかったのですが、単機能的だったり特定のジャンル向けであったりレイテンシがキツかったり、オールラウンドで決定打的なアプリに欠けていたというのが実情でした。

ご紹介する "FL Studio Mobile Android" は Image-Line 社が既に販売している iPhone/iPad の同名アプリのAndroid移植版となりますが、これは同社の主力商品であるPC版 FL Studio のモバイル版アプリという扱いになっています。

デスクトップ版 FL Studio はPC用の音楽アプリケーションとして一大勢力を担う人気があり、ループミュージックに特化したステップシーケンスUIを継承しつつ今やオーディオから何からあらゆる音楽制作に必要な機能をブチこんだリッチな音楽ワークステーションアプリに育ちました。それほどの巨大デスクトップ版アプリをそのままモバイル化するのはさすがに無理なので、モバイル版 FL Studio は機能的にバッサリと簡略化したりコンセプトも若干異なる感じに作られていますが、楽曲作成に必要な機能は一通りそろった『決定版アプリ』足り得るしっかりした音楽アプリに出来上っています。

iOS では競合する同じようなリッチな総合音楽アプリは幾つもあるため、このアプリだけが一押しという訳でもないですが、Android では現状、"FL Studio Mobile"が唯一無二の存在といって良いと思われます(現状 Android で近い存在はこのアプリあたり)

というわけでかなりお勧めな FL Studio Mobile ではありますが、ネックになりそうなのがその価格。約2000円、AppStore なら標準的あるいはやや良心的な価格といえそうですが Google Play マーケット向けとしてはかなり強気の価格設定かもしれません。

単にiOS版の価格とバランスを取ってるだけかもしれませんが、前述のとおり元々 Android では総合音楽アプリの市場が全然育ってないということもあるので、ここで牽引役としてあえて強気の設定で望むという意図もあったりするのかもしれません。ちなみにiOS版ではiPad版とiPhone版が別アプリになっていてそれぞれ ¥1,700- と ¥1,300- (2013/04/27現在)ですが、Android版はタブレット版と通常版のような区別はなく、¥1,899- を一度払えば手持ちのタブレットとアンドロイド携帯の両方にインストールできます。

ただ、Android版はまだ完全な移植バージョンとはなっておらず、現状いくつか重要な機能がiOS版(iPad)のみの機能となっていることに注意です。これらは将来のアップデートで対応されるようですが、時期などは特に明らかではないようです(つまり…その気になれば10年後、20年後ということも可能だろう…ということ………)

その欠けている一番大きな機能がオーディオ機能で、オーディオトラックの録音も編集も現バージョンのAndroid版では出来ません。従って現バージョンでは組み込み音色をつかって(昔懐しいSC-55を使ったDTMみたいに)曲を構築する事しかできません(オーディオファイルへのエクスポートは出来ます)。

プリセットの音色数も、昨今の何ギガものライブラリを供えたDAWやソフトシンセを見慣れた目からするとやや少なく必要最小限という感じですが、音色ひとつひとつのクオリティはかなり高くて音色数だけ闇雲に多いやっつけ気味のソフトシンセよりは使えるはずです。このプリセット音色もiOSの場合はアプリ内購入でナンボか払うと追加の音色をダウンロード出来るんですが、これもAndroid版は"in future updates"でなんとかしますよ、という項目のひとつとなっています。

ちなみに"in future updates" でなんとかしますよ、という項目の一覧はこんな感じです。

・オーディオトラックと波形編集
・サンプリング
・インストルメンタル(音色)ファイルの読み込み機能
・アプリがバックグラウンドで再生できるようにする
・SoundCloud にアップロード出来るようにする
・アプリ内課金で追加音色などのダウンロード

というわけでここはひとつ Image-Line を信頼して将来の update に期待しておくとしましょう。SoundCloudとかどうでもいいので、オーディオトラックは早めに対応して頂きたいですね。あと、iOS版で可能な外部キーボードの接続は、これはもちろん Android に接続できるハードウェアがそもそも存在しないので対応の予定は無い筈です。こればっかりは Android における音楽アプリの現状が変らないとどうにもなりません。←Androidでも、既にいくつかのアプリではMIDIキーボードを接続可能です(別記事を参照)。FL Studio Mobile Android における対応はどうなるかわかりません。

ちなみにオーディオの取り込みは出来ませんが作った曲をオーディオファイルに書き出す事は現状でも出来ます。Projects タブでまず曲をセーブし、次にセーブしたファイルを選択した状態で [→] のアイコンボタンをタップすると SMF や wav, mp3 にエクスポートできます。エクスポートしたファイルは <FLM User Files> というフォルダに格納されますが、これは何らかのファイラーたとえば"ESファイルエクスプローラ"なんかで普通にコピーして取り出せますし、端末をUSBストレージで接続すればUSBメモリみたいにしてパソコンに吸い出す事が出来ます。

アプリを動かすのに必要なスペックですが、これかなり重量級のアプリでまずアプリサイズが200MBオーバーとどでかく、インストールにはWiFi必須です。また実行時に必要なメモリやCPU負荷も相当なもので、ネクナナ君こと ASUS Nexus7 では快適にサクサク動作して問題ありませんでしたが、Android Walkman NW-Z1060 ではインストールは出来るものの再生テンポがヘロヘロになったりプチノイズが出たり固まってしまったりと正直、普通に使えるとは言い難い状況でした。おそらく2年以上前に発売された端末だと仮に動いても快適とは言い難いケースは多いような気がしますね。

ピアノロール等が全体にチマチマしたUIの作りなので、7インチ以下のスマホサイズだとタッチ操作による曲の作り込みはかなりストレスフルかと思います。7インチのネクサス7でギリギリぐらいじゃないかな、という感じでした。Nexus7 もそうですが今時のアンドロイド端末は大抵ブルートゥースや有線のマウスを使えるのでマウスを繋いで操作する事も可能ですが、本来タッチ基準で考えられているUIのため全部をマウスで操作は出来ず、例えばピンチでスケールを変更するなどタッチ操作を併用する形になります。

さて一番気になるレイテンシですが、アプリ説明にもありますがこれは『端末に依存する』となります。というのは FL Studio Mobile Android はレイテンシをぐっと下げるためのプログラム上の仕組みを実装しているそうですが、これが最新端末でないと有効でないということらしいです(参考記事

Nexus7 はその"最新端末"には当らないようですが、私がネクナナ君で試した感覚ではたしかにAndroid向け音楽アプリとしてはかなり良い感じで応答してくれるものの、やはり若干のレイテンシがあるように感じました。先の参考記事によるとNexus10だとiPad並に応答が良くなるそうなので、今後端末がさらにハイパワー高機能化が進んでいけばこれまでとは違って Android でも音楽アプリがじゃんじゃん出て来る、という可能性はあるかもしれませんね(まず有料アプリが AppStore ばりに売れる、という環境を整える必要もありそうですが…)

とりあえず Nexus7 で機能を試したり、2曲ほど簡単な曲を打ち込んで遊んで見たところを動画にまとめて見ましたのでお暇な方はご覧下さい。打ち込みに必要な一通りの手順の解説もしていますので、「FL Studio Mobile 買ったんだけどどやって使うんじゃー??」って言う方の参考にもなるかもしれません(英語ですがImage-Lineの公式アカウントにもっと良く出来た詳細なチュートリアル動画もあります)。

FL Studio Mobile Android on Nexus7 part1
基本操作編(5分)


FL Studio Mobile Android on Nexus7 part2
リアルタイム打ち込み編(5分)


FL Studio Mobile Android on Nexus7 part3
ピアノロール打ち込み編(7分半)


サンプリングやオーディオは使えませんしアナログシンセ的な音作りもできませんが、現バージョンでも十分遊びたおせるクオリティとボリュームがあるアプリなので、むかしRolandのSC-55やらYAMAHAのMUでDTMの打ち込みで遊んだなァーっていうようなオッサン(つまり私ですが)だったら2000円払う価値は十分あると思いますよ。


posted by blogsapo at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

アプリ Sony x Football on Walkman Z

今日は衆院総選挙開票の日でもありますが、同時にクラブワールドカップ決勝戦の日でもあります。

先日アンドロイドのグーグルプレイマーケットを見てましたらこんなアプリをみつけました。

Sony x Football - VAMOS VIEWING

ソニーって端末固有なものだけでなく、汎用のアプリ開発もけっこうやってるんですね。

アンドロイドだけでなく、iOS 版もあるようです。

このアプリはどんなアプリかというとリンク先の説明を見てもらったほうがはやいかもしれませんが、要は試合を見ながら端末を振って振って振りまくってチームを応援しよう!!ってアプリです。

さっそく Android Walkman Z にインストールしてみました。

sony-applicativo-vamos-0.jpg

設定等とくに難しいものはないので、サクサクっと次へ次へと送っていけば、当日試合がある場合はチームの選択枝がでてきて、あとは応援するチームを選びます。必ずネットにつなぎにいくので、Android Walkman の場合、起動には WiFi 接続必須です。

あとは試合始まったら(試合始まる前でも後でもいいですけど)、端末を握って振りまくります。

sony-applicativo-vamos-1.jpg

振った数はリアルタイムでサーバーに送信されて、カウントされそれがある一定のスレッショルドを超えると‥

sony-applicativo-vamos-2.jpg

ビカビカビカーっとエフェクトがでてフィーバーになります。

試合のリアルタイムの進行にあわせて、ゴールが決まったりするとやたらとビカビカしまくるので、おっ、みんなフィーバーしてるなー、というのがわかってオモロイです。

ちなみにアプリの言語選択に一応ポルトガル語もあるので、たぶんインストールしているブラジル人もけっこういるはずです。

あと、端末を振らなくても、丸いボタンをパシパシ連打するだけでもVamosカウンターが増えるみたいなので、しんどくなってきたらボタンでもいけます。

ちなみに今日の試合で私がどちらを応援しているかはここでは秘密にしておきます。パウメイラスのファンの友人の前ではいつも静かにしている、とだけ述べておきましょう・・・
posted by blogsapo at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

ファイル同期に便利なAndroidアプリ PCFileSync

Android端末とPCの間でデータのやり取りをする方法はいくつかありますが
最近みつけた PCFileSync というアプリが便利だったのでご紹介します。

PCと端末間のファイル同期を実現する仕組みとしては DropBox のように
インターネット経由でサーバーにローカルデータを自動的にアップロードして同期
という形式が多く、これはこれでサーバーにアクセスできる場所ならどこからでも
同期ファイルを取り出せるというような便利な側面はあるのですが
(最近あんまり聞かなくなりましたが一時期流行ったクラウドってやつですね)
逆に必ずサーバーを経由しないといけないので、セキュリティ上の問題だとか
インターネット接続にかかわる問題が避けられません。

とくにAriaの場合定期的にネットに接続するようなアプリはできるだけ減らしたい
ところですし、私の使い方だと Ariaのカメラで撮った写真を取り出す、のように
Aria→PC の同期だけでもだいたいの目的は達せられてしまうことが多いので、
放っておいても自動的に同期する理想的クラウドコンピューティングよりもむしろ
「さっき写真を撮ったから、今同期しよう」みたいに思い立ったときにボタン一発で
同期してくれれば十分なんですね。ぶっちゃけ同期システムが欲しいんじゃなくて
ワンクリックでコピー操作をしてくれるショートカットが欲しいわけです。

それを実現するのがこの PCFileSync です。
接続方法としてSambaとFTPが使えますが、ブラジル好きとしてはSambaという
単語に異常反応してしまいそうになりますが、このSambaというのはいわゆる
Windowsのファイル共有のことです。
つまりAriaからWiFiで自宅LANに接続したらそのLAN内のWindowsPCの
ファイル共有設定をしているフォルダと同期できる、ということです。
もちろんその共有フォルダにさらにフォルダをつくってそこと同期もできます。
このアプリでは同期は フォルダ単位で行います。
同期可能なファイルの種類に区別はありません。なんでも同期できます。
同期モードとしては

Android → PC
PC ← Android
PC ⇔ Android

の3つの同期方向、コピーだけするのか、ファイルを移動するのか、あるいは
ミラーするのか、使用法にあわせて自由に設定することができます。

私は操作をミスったり設定をミスったりして同期するつもりがファイルを削除してしまう
というポカをちょいちょいやらかしてしまうので Copy モードを主に使います。
ミラーだと同期元フォルダに無い同期先ファイルは削除してしまいますが、Copy では
「なければコピーする」だけなので意図しない削除が起こる可能性がありません。

また、私は先に説明したように任意のタイミングのみの同期で使いますが
バックグラウンドで定期的に自動的に同期させることももちろんできます。
※もちろんその場合は常にWiFi接続をONにしておく必要があります。

機能としては十分なこのアプリですが、インターフェイスがやや判り辛いのが
唯一の難点かもしれません。

アプリを起動すると次のような画面になります(壁紙をONにしています)
これがメイン画面です。

device6.png

Menu キーを押すとメニューがでます。今のところ全部英語です。
[Check now]をタッチすると同期を開始します。
Setting -> Program setting で Boot-start を切っておけば
Ariaを再起動しても勝手に起動しなくなります。

初期状態ではもちろん同期フォルダの設定がありませんので
[Check now]してもなにも起きません。
従ってまず設定をしなければなりませんがこれがちょっと判り辛い。

まず Menu から Setting を選び、次に Profile setting を選びます。
すると設定一覧画面になります。もちろんインストール直後はこの画面に
何もありません。ここで画面のなにもないところ(真ん中らへんとか)を
長押しするとメニューが出て、こんな画面になります。

device7.png

プロトコルを選びますが、Windowsの共有フォルダと同期するには
SMBを選びます。サンバですね。
すると設定の詳細入力画面になります。


device8.png

いろいろ項目があって「めんどくさっ!」ってなりそうですが
実際に必要な入力はそれほどありません。

Profile name
設定の名前です。なんでもいいです。
フォルダ名そのままとか後でみてもわかり易いと思います。

AutoCheck
自動で同期させるならここをONに。

File sync mode
どの同期モードを使うか、です。two-way なら双方向 Copy モード。
Aria の写真を常に吸い出す、なら dev->PC Copy とかに。

Device path
Aria 側の同期フォルダを指定します。
Aria で撮った写真だったら上のキャプチャ画像のように
sdcard/DCIM/100MEDIA にします。
自分でSDカードにフォルダを作成して使ってももちろん良いです。
直ぐ下の Select directory をタッチすればリストから選択できますので
キーでわざわざ入力しなくてもよいです。

Server adress name
ここが一番めんどくさいかも。同期したいPCのIPを調べて入力します。
たいがい192.168.0.1 とかそんな数字です。ルーターの管理画面とかで
見れますし、ネットワークドライバによってはタスクトレイに居るアイコンから
確認できたりします。コマンドプロンプトだと ipconfig で確認できます。

共有フォルダにパスワード設定してたりしたらUsernameやpasswordを
設定してください。パスワードとかなしで共有設定してるなら、いじらずに
デフォルトのままに。(もちろん判ってていじるのはOK)

Remoto path
ここにPC側のフォルダを入力します。端末がWiFiで既にLANに接続済みなら
Select directory で選択できます。
Exclude dir は設定フォルダの中の除外するフォルダだと思いますが、
私は使ってないので動作確認はしていません。

これで必要な入力は終わりです。
OK をタッチして保存します。
あとはメイン画面で [Check now] で同期されます。

同期プロファイル画面を呼び出して、設定名(Profile name)を長押しすると
設定済みのプロファイルを編集することもできます。

device9.png


PCFileSync はマーケットで無料で提供されています(広告表示あり)
マーケットで検索してみてください。インターネットで情報を探すときは
PC File Sync のようにスペースで区切らずに PCFileSync と一語に
して検索すると情報がみつかります。
posted by blogsapo at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。